MIDAC
GROUP

サステナビリティ
SDGs推進体制と取り組み

SDGs推進体制の概要

SDGs推進体制の概要

SDGs推進プロジェクト

全社としてSDGs推進を図るにあたり、2021年4月からの運用開始を目指し、外部コンサルタントの支援も受けながら、PJを立ち上げ準備を進めました。PJの目的を、①SDGsの基礎の理解、②(会社活動)事業・業務とSDGsとの紐づけ、③(個人活動)MSLP制度、ボランティア休暇制度の検討、とし、2020年11月から2021年3月まで月1回PJメンバーを招集し、議論を重ねました。PJメンバーは全部門から2人ずつ選任することとし、意見が偏らないよう、全体としていろいろな年齢層・役職となるようにしました。PJで行ったことは以下のとおりです。

SDGs推進プロジェクトの様子
SDGs推進プロジェクトのスケジュール

SDGsマインドの社内への浸透に向けて

SDGsの考えを社内に浸透させるため、PJ発足前に、経営層、管理職への研修を実施し、その後、PJメンバー・ファシリテーターへの研修を実施し、PJメンバー・ファシリテーターが講師となり各部署での研修を実施しました(全社員が対象)。

2021年4月の運用開始後、全社員に制度に関連する資料とSDGsバッジを配付し、MSL宣言(ミダック・サステイナブル・ライフ宣言)の提出をしてもらいました。また、社内報や全社員研修会でも制度の周知を行いました。

配付資料・バッジ
社内報

MSLP制度

ミダックサスティナブルライフポイント

各社員のSDGs活動の促進を通して意識の向上を図ることを目的とし、SDGsのD(Development:開発)をより身近なL(Life:生活)に置き換え、環境・社会に貢献する活動として会社で定めたものを生活の中で実施して報告するとポイントが付与される。そのポイントを1年ごとに集計し、還元金が支給される制度。また、全社員にMSL宣言(ミダック・サステイナブル・ライフ宣言)をしてもらい、実行に励んでもらう。

MSLP付与活動の例

MSL宣言の提出
フェアトレード商品や
環境ラベルのついた商品等を購入する
勤務時間外(休日等)におけるボランティア活動
(例:災害ボランティア、地域の子どもたちへのスポーツ指導)
地域防災訓練への参加、ハザードマップの確認、
防災グッズの点検
保護動物の里親になる
ミダック図書館(※)への本の貸し出し
※ミダック図書館:社員が会社に本を貸し出し、
これを他の社員が借りることができる制度。
社内報 SDGsテストへの回答

ボランティア休暇制度

各社員のSDGs活動の促進を通して意識の向上を図ることを目的とし、就業時間内に一定の条件を満たすボランティア活動を実施する者に特別休暇を付与する制度。

SDGSプロジェクトミダックチャンネル未来へつなごうSDGs

毎月SDGsへの取り組みを中心としたホットな動画を配信しています。