MIDAC
GROUP

サステナビリティ
地域社会との関わり

地域社会発展のため、社会貢献活動を積極的に推進し、地域との交流を通じて信頼関係構築に努めています。

  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 15.陸の豊かさも守ろう

清掃活動

ウェルカメクリーン作成への参加

浜松市天然記念物であるアカウミガメが安全に産卵できる砂浜を確保するため、浜松市環境部が毎年主催している『ウェルカメクリーン作戦』に当社グループの社員が参加しています。

花のリレー・プロジェクトの草除去作業を実施

『天浜線 人と時代をつなぐ花のリレー・プロジェクト』に参加し、気賀駅の植栽地の草除去作業を行ってきました。今後も天浜線花のリレー・プロジェクトのアダプト活動団体として、気賀駅に植栽された花壇や周辺の定期的な清掃や美化活動に取り組んでまいります。

浜松五島海岸清掃活動を実施

ミダックホールディングスは、静岡県の「6R県民運動」に賛同しています。6R県民運動とは、私たちの海を守るために、県民一人ひとりが出来ることから始めていこうという取り組みです。
その運動の一環として、2021年に浜松五島海岸にて清掃活動を行いました。
これからも定期的な清掃活動を続けていきたいと考えています。

社会貢献

特別企画「コロナに負けるな!ミダックのお客様を応援しよう!!」

飲食店を営む取引先の皆様の応援企画として、新型コロナウイルス感染症の拡大により、新たにテイクアウトを始められた取引先がいます。
当社では、従業員向けに取引先のテイクアウトの利用を推奨しており、皆様からご提供いただいたメニューを元に社内配布冊子を作成し、当社従業員に配布しました。

児童養護施設へ政府支給布マスクを寄付

「政府支給布マスクを児童養護施設へ送ろう!プロジェクト」を企画し、従業員などからサイズが合わなくて使用しない政府支給布マスクを330枚集め、社会福祉法人和光会児童養護施設和光寮へ寄付しました。

防災備蓄品などを「こども食堂」へ寄贈

当社が防災備蓄品としているカンパン、アルファ米、飲料水の一部を、「こども食堂」(NPO法人サステナブルネット様)へ2020年10月に寄贈しました。
また、当社社員会の呼びかけで社員の自宅にある食品などを集めこども食堂に寄贈しました。

環境活動

日本初!移動式循環リサイクルカーを環境活動用いた実証実験を開始

食品残渣の堆肥化リサイクルを目的として、日本で初めて堆肥化処理装置を搭載した車両、「移動式循環リサイクルカー」を制作し、小口食品残渣の堆肥化リサイクルを促進する実証実験を行いました。2021年2月には、「移動式循環リサイクルカー」「動静脈一体型運搬システム・リサイクルループ実証実験」のお披露目式を開催し、ご来賓として浜松市長をお招きいたしました。

有玉小学校で当社が寄贈した環境活動環境教育DVDによる環境教育を実施

毎年、環境への意識を高めてもらおうと、浜松市立有玉小学校4年生の子供たちに環境教育を実施していますが、10年目となる2020年は新型コロナウイルス感染症に配慮し、事前に収録したDVDを視聴してもらう形式を取りました。授業は、当社の新卒新入社員3名を講師とし、「どうやってごみを減らすのか」と題して、家庭から出たごみがどのように処理されていくのか等を参加型3択クイズ形式で楽しく勉強してもらいました。

移動式循環リサイクルカーを用いた
環境授業を実施

2021年3月浜松市環境部と一緒に、浜松市内の小学生へ環境授業を実施しました。授業は「SDGsと食品ロス」「生ごみのリサイクルループ」についての説明が行われ、移動式循環リサイクルカーの車両見学および車内に設置された堆肥化装置への生ごみ投入体験も行われました。

地域活動

浜松市科学館ブース展示の実施

2020年11月4日から2月末まで「浜松市科学館みらい~ら」にて、廃棄物処理技術の展示を行いました。子供から大人まで楽しめる内容となっており、廃棄物の処理方法をクイズ形式や画面タッチで学んでいただきました。

はままつママゼミを開催

2018年秋より はままつママゼミに加入しています。2020年度は新型コロナウイルス感染症に配慮し、12月のママゼミは当社初のオンライン開催となり、「海洋プラスチック問題」をテーマとしました。ママゼミHPでもこれまでの活動を紹介しておりますので、ぜひご覧ください。